早期発見、早期改善の的確な処理で、
機器・設備の長寿命化をサポート

ポンプ・機器類の設備保全から始まったTABMECの設備保全事業は、
ロボットの整備、ボデ―製造、プレスの各工程の整備などへ広がりを見せています。
近年では、こうした経験・ノウハウを予防保全に活かし、「故障ゼロの世界」の持続を目指した技術サービスの提供に努め、
お客様の修理コスト・メンテナンスコスト削減に貢献していきます。

自動車の生産ラインに付帯する「自動搬送装置」の整備では、スムーズな可動性を確保するため、サービススタッフが定期的に訪問し、故障予見から点検・整備を行っています。

予防保全の流れ

予防保全の計画立案から、基準に沿った点検、測定、必要な整備・修理の実施という流れで最適なコスト・技術を提供しています。